読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。

初心者でも1年間で20万ANAマイル以上貯める方法

修行準備 ポイントサイト ANAマイル サイト紹介

ANAビジネスクラス

年に1度は贅沢をして夫婦でビジネスクラスでハワイに行きたい。時期にもよりますがANAのビジネスクラスだと往復で1人20万円以上かかるので飛行機代だけで40万円にもなります。子供がいればもっとかかります。

我々一般庶民からみれば夢のようですが効率的にマイルを貯める方法を身につけるとビジネスクラスでのハワイ旅行も意外と身近なものになります。

陸マイラーの基本的なマイルの貯め方

陸マイラーとは飛行機に乗ることなくANAなどのマイルを貯めている人のことをいいます。「おかマイラー」と読むか「りくマイラー」と読むかは意見の分かれるところですが「おかマイラー」と読む人が多数派を占めています。

そんな陸マイラーの人たちがどのようにマイルを貯めているかというと、基本的にはクレジットカード決済です。一般的なクレジットカードだと1,000円するごとに1マイル貯めることができます。


毎月の公共料金の支払いをクレジットカード払いにしたり、会社の飲み会では率先して幹事を買って出て自分のクレジットカードで支払いをしたり、涙ぐましい努力でコツコツとマイル貯めていきます。

しかし、そうしてクレジットカードで月に10万円決済したとしても1年間で貯まるマイルはせいぜい12,000マイルほどです。

ANAだと12,000ANAマイルではローシーズンであっても東京ー沖縄を往復することさえできません。

海外ではローシーズンのエコノミークラスであれば辛うじて韓国に行くことができますがビジネスクラスでのハワイには程遠いです。

ビジネスクラスでハワイに行くにはローシーズンでも60,000ANAマイルが必要となるため全く足りず、ハワイに行けるマイル数を貯めるのに5年間もかかってしまうことになります。

 

ANAゾーン区分

日本ーハワイ必要マイル数


でも陸マイラーの中には年に20万マイル以上貯めている人がたくさんいます。
クレジットカード決済だけで20万マイル貯めようとするとクレジットカードを年間2,000万円も使わないと貯めることができません。絶対に無理ですよね。

ここからはクレジットカード決済ではなくもっと爆発的にマイルを貯める方法をみていきましょう。

クレジットカード決済で貯めたマイルも含めてですが、実際に僕もこの方法を使って半年間で30万マイル近く貯めることができました。

ポイントサイトで大量のANAマイルを貯める方法

1年に20万ANAマイル以上貯めるにはポイントサイトとよばれるサイトを利用する必要があります。

大まかな流れは次のとおりです。

  1. ハピタス、ちょびリッチなどポイントサイトに登録してポイントを貯めます。
  2. 貯めたポイントをドットマネーのポイントに交換します。
  3. ドットマネーのポイントを東京メトロのメトロポイントに交換します。
  4. メトロポイントをANAマイルに交換します。

例えばポイントサイトで20,000円相当のポイントを貯めた場合、2〜4の流れでマイルに交換すると18,000ANAマイルになります。

ハピタスからソラチカルートでANAマイル

1.ハピタスなどのポイントサイトに登録してポイントを貯める

まずはハピタス、ちょびリッチといったポイントサイトに登録します。
まだ登録していない方は以下のリンクから登録してください。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


ポイントサイトに登録したら案件をこなしてポイントを貯めていくことになります。

掲載されている案件をこなしてもすぐにポイントが付与されるわけではないので最初のうちはポイントが貯まらなくて嫌になりますが、1〜2ヶ月もすると徐々にポイントも貯まってきますので頑張りましょう。

ポイントを貯めやすい案件としてはクレジットカード作成やFX口座の開設などです。クレジットカード案件はポイントは貯まりやすいですが信用情報に関わることもありますので短期間での作りすぎには気を付けましょう。


ちなみに、ポイントサイトでポイントを貯めていくというこの最初の段階で多くの人が足踏みしてしまうのではないでしょうか。

僕もそうだったのですが、ポイントサイトを始める前は何となく胡散臭いイメージや煩わしいイメージがありました。
でも実際に使ってみると最初はとっつきにくいと感じることもありますが胡散臭いというイメージは完璧に払拭されました。

無責任なことは言えませんが、多くの陸マイラーが利用しているようなポイントサイトは安心して使えるサイトだと思って問題ないと思います。

2.ドットマネーのポイントに交換する

ドットマネーもポイントサイトではありますが、案件数や貯まるポイントではハピタスやちょびリッチに劣っています。

そのためドットマネーで案件をこなしてポイントを貯めるというよりも、ハピタスやちょびリッチで貯めたポイントを最終的にANAマイルに交換するための中間的なポイント経由サイトとしてドットマネーを利用するケースが多いです。


ポイントサイトでポイントを貯めたらいよいよドットマネーのポイントに交換です。

ハピタスでは300ポイントからドットマネーに交換可能となっていて、20,000ポイントであればドットマネーの20,000マネーになります。

ハピタスからドットマネーにポイント交換

 

ちょびリッチで貯めたポイントもドットマネーに交換可能です。

ちょびリッチでは1,000ポイントからドットマネーに交換可能で、40,000ポイントがドットマネーの20,000マネーになります。

ハピタスに比べてポイントが半分になるように感じますが、ちょびリッチは1ポイント0.5円相当のため損しているわけではないのでご安心ください。

ちょびリッチからドットマネーにポイント交換

 

3.東京メトロのメトロポイントに交換する

次はドットマネーから東京メトロのメトロポイントへの交換です。

ここで注意しなければならないことは、ハピタス、ちょびリッチ、ドットマネーといったポイントサイトは誰でも会員登録さえすれば利用できるのですが、東京メトロのメトロポイントはクレジットカードを作らなければ利用できないということです。

ポイントサイトで貯めたポイントを東京メトロのメトロポイントに交換するには、『ANA To Me CARD PASMO JCB』通称ソラチカカードが必要になります。

 

ソラチカカードが無いとポイントサイトを利用して大量のANAマイルを貯めることが困難になりますので必ず所有しておいてください。

ソラチカカードさえ作ってしまえばドットマネーに貯まったポイントをそのままメトロポイントに交換することができます。

ドットマネーの20,000マネーをメトロポイントに交換した場合は20,000メトロポイントになります。

ドットマネーからメトロポイントに交換

 

4.メトロポイントをANAマイルに交換する

ついにANAマイルへの交換です。
東京メトロの会員専用サイトからメトロポイントをANAマイルに交換することができます。

メトロポイントからANAマイルへの交換は下図のように100メトロポイントが90ANAマイルになります。つまり交換率は90%です。
この高い交換率こそがソラチカカードが必須である理由です。


ソラチカルートでANAマイルに交換

楽天スーパーポイントやnanacoポイント、TSUTAYAのTポイントなどANAマイルに交換できるポイントはいくつもありますが、交換率はソラチカカードと比べて物凄く低いです。

例に出した楽天、nanaco、Tポイントの交換率は50%です。つまり100ポイントが50ANAマイルにしかならないということです。

ソラチカカードを使ってANAマイルに交換する流れを陸マイラー界隈ではソラチカルートというのですが、ソラチカルートがいかにお得かわかってもらえたでしょうか。


ちなみに、メトロポイントは月に20,000ポイントまでしかANAマイルに交換できないという制約があります。
従ってソラチカルートで毎月貯めることができるのは20,000ポイント×0.9=18,000ANAマイルになります。

ハピタスからANAマイル交換ルート


継続して月に20,000ポイントをANAマイルに交換すると18,000ANAマイル×12ヶ月で年間216,000ANAマイル貯めることができます。

以上が1年間で20万ANAマイル以上貯める方法です。

 

まとめ

大量のANAマイルを貯めることは意外と簡単だと感じてもらえたと思います。

肝心なのはクレジットカード決済だけでマイルを貯めるという思考は綺麗さっぱり捨て去り、ポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートでANAマイルに交換するということです。

僕もクレジットカード決済だけでマイルを貯めていたときは年間20,000ANAマイル程度しか貯まりませんでしたが、今では以前と比較にならない程ANAマイルを貯めることができるようになりました。
貯めたANAマイルを使って本来であれば100万円近くするヨーロッパやアフリカへのビジネスクラスでの旅行も経験することができました。

やりはじめるまでは面倒だと感じることもありますが重い腰をあげてやってみると、きっとビジネスクラスでのハワイ旅行が驚くほど身近になると思いますよ。