くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

SFC修行#4 株主優待番号登録を忘れて涙目になった話

SFC修行4回目の報告はタイトルの通りです・・・
今回はプレミアムクラスの食事がどうとかシートが快適とかはどうでもよくて、ただただ悲しい物語です。

 那覇から羽田に帰ろうとしたら悪夢が待っていた

4回目のSFC修行も前回と同様、日帰りでの沖縄往復でした。 

 

プレミアムクラスを使って昼過ぎに那覇空港に到着。そして夕方には羽田に戻ります。
那覇に着くまでは平穏でした。

滞在時間は3時間も無かったので今回は那覇空港から出るのをやめて、空港内で時間を潰すことにしました。

空港内のよく行くお店でフーチャンプルを食べた後、お土産をみたりぶらぶらして時間を潰しましたがやることもなくなったので早めにANAラウンジに入ってくつろぐことにしました。もともとANAラウンジに居座るつもりで今回はMacも持参していたので。

しかし、保安検査場でバーコードをかざすと・・・なぜかエラーではじまれてしまいました。


「お手続きはカウンターで承ります」


と見慣れないメッセージが表示されました。

 

へ???
別に承っていらねーよ( *`ω´)

と思いましたがなぜエラーとなったかすぐに察しがつきました。


もしかして株主優待番号登録してないんじゃないか・・・((((;゚Д゚)))))))


ANAのサイトを開いて予約内容を確認してみたところ、やはり株主優待番号入力欄には何も入力されていませんでした・・・
やっちまった・・・

株主優待割引で予約した場合はフライトまでに株主優待番号案内書に印字されている株主優待番号とパスワードをあらかじめ予約画面から入力しておく必要があるのですが、今回はその登録をすっかり忘れていました。

もしかしたらANAのサイトにバグがあって使用済みの株主優待番号でも登録できるんじゃないか。
財布の中に前回のフライトで使ったANA株主優待券(株主優待番号案内書)が入っていたので試しにこの番号を入力してみます。

が、当然のことながら使用済みのためエラーとなって使えません。
そりゃーそうですよね。

 

 ANAカウンターで相談

この時点で出発1時間前でした。

慌ててANAカウンターに向かい相談します。

ANA株主優待券が手元に無いためプレミアムクラスを利用する場合はプレミアム運賃(55,090円)、普通席を利用する場合は普通運賃(46,090円)を支払う必要があり、それぞれプレミアム株主優待割引(30,190円)との差額を支払わなければならないとのこと。

しかも僕が乗る便は満席のため、もともと予約していたプレミアムクラスをプレミアム運賃で購入しなおすしかないとのことで24,900円の追加支出となります。

仮にもっと遅い便に変更できたらその間に金券ショップを探してANA株主優待券を購入すれば株主優待券5,000円+タクシー代で合計しても1万円以内でなんとかできるのではと考え、係りの人に当日便に空きが無いか確認してもらいます。
しかし、そこはさすがに春休みということもあってか、日曜日午後の沖縄から羽田に戻る便に空きはありませんでした。

いったんカウンターを離れスマホとにらめっこします。
空港から近い金券ショップを探してみると国際通りに大黒屋がありました!場所もわかるし大黒屋に行こうかと思いましたが今日は休業日とのこと・・・。

近くで他の金券ショップもみつかりましたが場所もよくわからないし微妙な時間になってきています・・・。
金券ショップに行ってもANA株主優待券が売っていないかもしれないし・・・タクシーで行って渋滞にはまったら間に合わない・・・。
間に合わなければその日は羽田に戻れなくなるので、リスクを回避して泣く泣く24,900円を追加で払って帰ることにしました。。。

今思うとJALやLCCでも空きが無いか確認してみればよかったのかも知れませんが、SFC修行僧の悲しい性なのでしょうか、ANA以外で東京に戻るという発想がありませんでした。

 

そもそもなぜ株主優待番号を登録していなかったのか

前述のとおり、株主優待割引で予約した場合はANAのサイトから株主優待番号を登録することができます。プレミアム株主優待割引での搭乗は今回が3度目だったので当然のことながら登録方法も知っていました。

それなのになぜ株主優待番号を登録していなかったかというと、理由はふたつです。

ひとつめの理由は、慣れてきて確認を怠るようになっていたからです。
SFC修行も4度目となり月に数回飛行機に乗るようになり、慣れて惰性で行動するようになっていました。予約後はiPhoneのWalletに追加しておくだけで予約内容の確認をしなくなっていました。だから前回も帰りの便の時間を間違えたりしたんですよね・・・。

そしてもうひとつの理由は、手持ちのANA株主優待券が余ったらヤフオクで売ろうと考えていたのでスクラッチを削らずに取っておこうとしていたことです。
そのため、プレミアム株主優待割引で複数フライトを予約してもフライト直前になるまで株主優待番号を登録しないようにしていました。

今回はふたつの理由が重なり、株主優待番号を登録しないままにしておき、さらに直前の確認も怠っていたため、株主優待番号を登録していないことにも気づかないという失態を招いてしまいました。

これからは気を引き締めて確認を怠らないようにします。。

 

SFC修行の結果は?

今回のSFC修行は本来であれば羽田ー那覇がPP単価8.3円、那覇ー羽田が10.6円、往復でのPP単価は9.4円となるところでした。 

No 搭乗クラス 金額 PP PP単価
4
羽田 那覇 プレミアム旅割28 ¥23,790 2,860 8.3
那覇 羽田 プレミアム株主優待割引 ¥30,190 2,860 10.6

 

それが今回の件によって、PP単価は12.7円と大きく悪化してしまいました。 

No 搭乗クラス 金額 PP PP単価
4
羽田 那覇 プレミアム旅割28 ¥23,790 2,860 8.3
那覇 羽田 プレミアム運賃 ¥55,090 3,352 16.4

関連記事