読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。

ANA・JALが地域航空会社を統合してコードシェア便実現へ

ANAマイル その他

国交相がANAHD(ホールディングス)とJALに対して地域航空会社の統合を検討するよう求めたようです。

日経のリンクは会員限定のようなので産経の記事も貼っておきますね。


 

記事によると離島や利用率の低い路線を持つ複数の航空会社を統合して新会社をつくり、ANAやJALとコードシェア(共同運行)する案が有力で、機材や燃料の共同調達で採算を改善し、訪日外国人の利用を促すことが目的とのことです。
別にANAとJALが合併するわけではありません。

 

地域航空会社とは、30~70席程度のプロペラ機で離島や地方の航空路線を運航する会社。多くが大手航空会社や自治体の出資を受け、大手の系列ごとに路線を分けている。利用率が低く、経営基盤は弱い。機体の定期整備のため減便や欠航が多発し、乗務員の養成などにも課題を持つ。国は路線を維持するため、機体購入費や運航費を補助し、着陸料も軽減している。



検討対象となっている地域航空会社は以下の5社ですがまだ増える可能性もあるようです。なお、上2社がANA陣営で下3社がJALです。

  • ANAウイングス(東京都)
  • オリエンタルエアブリッジ(長崎県大村市)
  • 日本エアコミューター(鹿児島県霧島市)
  • 北海道エアシステム(北海道札幌市)
  • 天草エアライン(熊本県天草市)

 

地方や離島は利用者減が進んでいるようなので採算改善と地域経済の復興につながるといいですね。


ANAとJALのように競合している企業どうしが路線維持で協力するケースというのは世界的にも稀なようです。政府主導で上手く話がまとまるかどうか気になります。

 

ANAマイラーとして期待すること

地域航空会社の統合によって以下のような効果が期待できるようです。

各地域航空会社は日航とANAHDの両陣営に分かれているため、現時点では路線によっては乗り継ぎが不便だったり、マイレージが使えなかったりした。各社のシステムを接続し、共同運航すれば利便性が飛躍的に高まる。国際線を持つ大手2社が連携し訪日客を誘客できれば、地元経済の振興にもつながる。


これまでANA・JALいずれかのマイルしか使えなかった路線、もしくはマイルを使えなかった路線でマイルが使えるようになると利便性が向上しマイラーとしては嬉しい限りですね。

個人的にはJACの路線である屋久島、沖永良部島、与論島にANAマイルで行きたいです。

f:id:skyblue3480:20161016011405p:plain