くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

ANA VISAカード「Apple Pay」のiD利用でマイル還元率5%を超えるキャンペーン中

ANA VISAカード「Apple Pay」のiD利用でマイル還元率5.05%のキャンペーン中

今月から来年2018年の1月まで三井住友カードでANAマイル還元率が5.05%となるビッグなキャンペーンが実施されています。

キャンペーンの概要

エントリーしてApple Payを全国のiDマークのある店などで利用すると、ワールドプレゼントのポイントが10倍貯まるというキャンペーンです。期間は2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)となっています。

 

Apple PayのiD利用代金に応じてワールドプレゼントのポイントがもれなく10倍たまります。特典分のポイントは、ボーナスポイントとして付与されます。

このキャンペーンにはエントリーが必要なので忘れないように注意してください。また、独自のポイント制度を実施している提携カードや、一部の法人カードなどは対象になりませんのでこちらも注意してください。

 

そして残念なことにこのキャンペーンはApple PayのiDを利用しなければならないため、対象者がiPhone7以降のユーザーに限定されてしまいます。

 

ANAマイル還元率は脅威の5%超

対象者は限られてしまいますが、しかし対象となる人にとってはANAマイル還元率が5%を超えるかなりお得なキャンペーンになっています。

 

このキャンペーンではワールドポイントが10倍になるのですが、そのポイント内訳はクレジットカード利用額の1%が通常ポイント、9%分はボーナスポイントとなります。

 

三井住友VISAカードでは、通常ポイントは1,000円につき1ポイント付与され、1ポイントを10ANAマイルに交換することができます。一方、ボーナスポイントは1ポイントを3ANAマイルに交換することができます。

 

今回のキャンペーンで10,000円決済したとすると、通常ポイントが10ポイント、ボーナスポイントが90ポイント付与されることになります。これをANAマイルに交換するとマイル還元率は3.7%となります。

  • 通常ポイント(10Pt)×10=100ANAマイル(マイル還元率1%)
  • ボーナスポイント(90Pt)×3=270ANAマイル(マイル還元率2.7%)

マイル還元率3.7%でも十分に魅力的なのですが、ボーナスポイントは直接ANAマイルに交換するのではなくポイントサイトのPeXを経由させてソラチカルートに乗せることで1ポイントを4.5ANAマイルに交換することができます。

ANA VISAカード ボーナスポイント ソラチカルート

PeXを経由させることによってマイル還元率が5.05%にまで跳ね上がりました。

  • 通常ポイント(10Pt)×10=100ANAマイル(マイル還元率1%)
  • ボーナスポイント(90Pt)×4.5=405ANAマイル(マイル還元率4.05%)

 

ANA VISAカードでiDを利用すべきかSPGアメックスでQUICPayを利用すべきか悩ましい

僕はSPGアメックスのスターポイントを貯めるためにコンビニ決済などではQUICPayを使っていますが、iDを使おうとするとどうしてもQUICPayと同じようにコンビニ決済などが中心となってしまいます。

スターポイントとANAマイルどちらを優先させるべきか悩ましいですが、SPGアメックスのスターポイントで無料宿泊やANA以外のマイルへの交換が目的の人以外はこのキャンペーンを優先した方がいいかと思います。それくらい今回のキャンペーンはお得だと思います。

 

*10/10からアメックスでもApple Payキャンペーンが実施されています。

  

関連記事