読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。

IFTTTを使ってブログを更新したら自動的にツイートする方法

TWITTER

ブログを更新したらその情報をTwitterにも流したいけれどいちいちツイートするのが面倒くさい。そんな人のためにブログを更新した際に自動的にTwitterにもツイートする方法をご紹介します。

どんな人が使える方法なの?

以前IFTTTというWEBサービスを使ってはてなブログで自動的にping送信する方法について書きましたが、今回もこのIFTTTを使って、ブログを更新したら自動的にツイートするようにしてしまおうというお話です。


はてなブログに限らず(おそらく)どのブログサービスを使っている人でも使えると思いますので、ブログとTwitter両方やっている人であればどんな人でも使える方法です。

もちろんマイルに関するブログだけに限らずどんなジャンルのブログでも使えます。


前半は自動ping送信の方法と同じなので、以前の記事を読んでください。と言いたいところですが以前の記事をとりあえず張っときます内容をもう一度書いておきますね。


IFTTTの説明なんて不要という方は「ブログの更新をトリガーに設定する」ところから読んでください。

はてなブログをトリガーに設定する方法は知っているのでTwitter側の設定だけ読みたいという人は 「Twitterでのツイートをアクションに設定する」ところから読んでください。

IFTTTでブログ更新を自動ツイート

IFTTTって何なの?

IFTTT(イフト)とは「if this then that」の頭文字を取ったもので、簡単にいうとFacebook、Twitter、Dropbox、Evernote、InstagramといったWEBサービスどうしを連携させることができるサービスです。


例えば、(if this)Instagramで写真をアップする→(then that)その写真を自動でDropboxに保存させる、といった具合にひとつのサービスをトリガーとしてもうひとつのサービスのアクションを起こすことができます。

このサービスを利用して、はてなブログを更新する→自動でping送信するということをしています。


具体的な手順をみていきましょう。

IFTTTのアカウント登録

まずはIFTTTにアクセスしてアカウント登録をします。


余計な個人情報の登録は不要で、メールアドレスとパスワードのみでアカウントを作成できます。

IFTTT_サインアップ

 

アカウント登録が完了したら設定方法をみていきましょう。
 

ブログの更新をトリガーに設定する

会員登録が終わったらサインアップして画面右上のアカウント情報からプルダウンメニューを開き「New Applet」をクリックします。

IFTTT_new_applet



すると下の画面が表示されるので青字になっている「+this」をクリックします。

IFTTT_this


Step 1 of 6 Choose a service

下の画面が表示されたらを"Feed"というサービスを選択します。
見つからなければ"Feed"で検索してみましょう。

IFTTT_step1

Step 2 of 6 Choose trigger

"Feed"をクリックすると下の画面が表示されるので、左側にある「New feed item」をクリックします。

IFTTT_Step2

 

Step 2 of 6 Complete trigger fields

次に、「Feed URL」の欄にトリガーとなる自分のブログ名+"/rss"を入力します。
僕のブログだとhttp://skyblue3480.hatenablog.com/rssとなります。

どうでもいいですがデザインが変わる前はここStep2じゃなくてStep3だったんですけどね。Step2が2つあってなんか気持ち悪いです。

IFTTT_step3

「Feed URL」を入力して「Create trigger」をクリックするとブログの記事更新がトリガーとして設定されます。

次はアクションを設定していくことになります。

Twitterでのツイートをアクションに設定する

Step2で「Create trigger」をクリックすると下の画面が表示されるため、次は「+that」をクリックします。

IFTTT_that

Step 3 of 6 Choose action service

 

するとアクションとなるサービス選択画面になるためTwitterを選択します。"twitter"で検索してTwitterアイコンをクリックしましょう。

IFTTT_step3

 

Step 4 of 6 Choose action

下の画面が表示されたら左上の「Post a tweet」をクリックします。

IFTTT_Step4

 

Step 5 of 6 Complete action fields

すると以下のように「Tweet text」という欄が表示されます。

この欄の内容がツイートされることになりますのでツイートしたい内容にあわせて修正したら、「Create action」をクリックします。

IFTTT_Step5


ツイートされた場合、{{EntryTitle}}には記事のタイトル、{{EntryUrl}}には記事のURLが自動的に挿入されます。

ちなみに僕はシンプルにこんな感じで設定しています。

IFTTT_Step4修正

 

右下の「+Ingredient」をクリックすると{{EntryTitle}}や{{EntryUrl}}以外の変数も選択できるようです。

f:id:skyblue3480:20161123231719p:plain 

Step 6 of 6 Review and finish

内容に問題なければ「Finish」をクリックすれば完了です。

IFTTT_Step6

 


作業はこれでおしまいです。

あとはブログを更新すれば自動的にツイートされます。

先ほどみた僕の設定だと・・・

IFTTT_Step4修正


こんな感じで自動的にツイートされます。

IFTTT_TWITTER自動更新



数分程度のタイムラグはありますが気になるほどではないと思います。
(と思っていたけれど最近ちょっとタイムラグがあるような気もします)

 

関連記事