くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

石原さとみがデビュー15周年&30歳を記念してキューバで撮影した写真集を発売

石原さとみ キューバ

女優の石原さとみさんがデビュー15周年&30歳を記念して6年ぶりに写真集を発売されるそうです。

15周年&30歳を記念した写真集の舞台はキューバ

 

僕は芸能人についてはあまり興味はないですが、石原さとみさんは昔から好きでLINEの公式アカウントまで登録してしています。

 

公式アカウントに登録しているとはいえ普段はLINEが届いてもトークの内容を確認することなく削除しているのですが(すみません)、7/5に届いたLINEは「祝!解禁!!」から始まる内容だったこともあり、まさか結婚!?などと思いながらも確認してみると写真集に関するお知らせでした。

石原さとみ 写真集 キューバ

石原さとみさんのデビュー15周年&30歳を記念しての写真集で、なんと舞台はキューバとのこと。

 

僕もキューバには行ったことがあるので、僕とヘミングウェイと石原さとみさんとが繋がった瞬間でもありました!? 

社会主義でアメリカナイズがまだされていない今のキューバで撮りたかったんです! 今見た街並みは2年後はもう見られないかもしれない 未来への期待と揺れ動く期待と不安に共感し、驚くほどの人の良さと安心感、そして無意識に明るくなってしまう国全体のカラフルさに目も心も癒されました

キューバといえばオールドカーや首都ハバナ旧市街地の古い建物といったノスタルジックなイメージを持っている方が多いと思いますが、そんなキューバもアメリカとの国交回復によって徐々に変わってきており、石原さとみさんも語っているように「今見た街並みは2年後はもう見られないかもしれない」のです。

 

キューバは僕が一番好きな国!

僕はキューバとアメリカとの国交正常化が現実味を帯びてきた時に、マクドナルドやスターバックスの看板が並ぶオールドハバナ(ハバナ旧市街地)なんて見たくない!これは絶対に今のうちに行っておかないとヤバいと思いキューバに行きました。そんなキューバは今まで僕が行った国のなかで特別な国であり1番好きな国でもあります。

 

今でこそ貯めたマイルを使ってファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行をしていますが、当時は現金でエアカナダのチケットを購入してエコノミークラスで窮屈な思いをしながらキューバに行きました。

キューバはさすがラテン系の国だけあって明るい人が多く、貧しいながらも人生を楽しんでいるように見えました。キューバ人は皆、日本人には無い目の輝きとエネルギーを持っていてとても羨ましいと思ったのを覚えています。たった1週間の滞在でしたが実際キューバに行ったことが僕の仕事観や人生観に影響を与えてくれています。

 

他にも、入国する際ミニスカ網タイツの空港職員に呼び止められて別室に連れて行かれたこと、街のそこかしこで流れていた音楽、僕を騙そうと声をかけていたキューバ人とあえて食事に行ってみたこと、街を歩いていたら突然家に招いてくれたおばあさん、エレベータで乗り合わせた女性から一緒にサルサを踊ろうとホテルの部屋に誘われたこと、所持金が1ペソになって泣きかけたこと、そして今でも仲良くしている日本人観光客と知り合えたこと。キューバに関しては思い出がいっぱいです。

キューバ ハバナ旧市街地

いつかブログにも書こうと思いつつもなかなか書くことができないでいます。

 

石原さとみさんの写真集は絶対買うと決めた

 

話を石原さとみさんの写真集に戻しますが、只今絶賛作成中で9月1日に発売されるそうです。

 

僕は陸マイラー歴よりも写真歴の方が長く、家にも100冊を超える写真集がありますが女優さんやタレントさんのグラビア写真集のようなものには少しも興味が無いので1冊も持っていません。

 

でも今回の写真集は撮影の舞台がキューバということもあってとても興味があります。どちらかというと石原さとみさんよりもキューバの街並みの方を楽しみにしているのは否めませんが、それでも石原さとみさんの艶っぽさがキューバの雰囲気とどうマッチしてどんな写真集に仕上がるのか今からとても楽しみです。そしてカメラマンが誰なのかとても気になってしまいます。

 

関連記事