くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のメンバーズセレクションに申込み

f:id:skyblue3480:20170714182117p:plain

ここ最近はSPGアメックスに現を抜かしており、JCB THE CLASS(ザ・クラス)のメンバーズセレクションに申込むのをすっかり忘れていましたが先日ようやく申込みが完了しました。

 JCB THE CLASS(ザ・クラス)メンバーズセレクションとは

 

JCBザ・クラスのメンバーズセレクションとは、年に1度あるJCBザ・クラス会員向けに多数の商品からひとつギフトを選んで貰えるというサービスです。この商品がだいたい2万円程度なので、JCBザ・クラスは年会費5万円の割りにはお得だと言われています。

JCB THE CLASSメンバーズセレクション

ちなみにこのJCBザ・クラス、基本的にはJCBからインビテーションがきた人しか持つことができないクレジットカードですが、”突撃”といわれ自らJCBに問い合わせる方法もあります。僕も突撃組のひとりです。

そんなJCBザ・クラスですがメンバーズセレクションの商品のひとつにディズニーのCLUB33(クラブ33)があります。クラブ33とはディズニーランドにある会員制レストランなのですが、会員募集は停止されており、現在一般人がクラブ33に入ることができる唯一の方法はJCBザ・クラスのメンバーズセレクションで申し込むことだけです。

JCB THE CLASS 東京ディズニーリゾートCLUB33

正直なところ僕はそこまでクラブ33にそこまでの期待と興味があるわけではないのですが、なかなか行くことができない場所なので行ってみたいという気持ちと、クラブ33に入るとブログのネタになるかなという気持ちがありました。

 

妻と二人でクラブ33に行くつもりが

2016年からメンバーズセレクションでのクラブ33も抽選となってしまったのですが、その際に利用人数も大人2名までと変更になっています。以前は最大8名までで子供も入ることができたのですが、騒ぐ客もいて既存の会員からクレームなども多かったのでしょう。今は食事を必要としない乳幼児であっても追加で入ることは絶対にできないのだそうです。

 

そう、うちは子供が産まれたので妻と2人だけでクラブ33に入ることができないのです。

 

そんなことはJCBザ・クラスのメンバーズセレクションが送られてくる前からわかっていたので、近くに住んでいる妻の両親と一緒にディズニーランドに行って、妻の両親には申し訳ないけれど妻と僕がクラブ33に入るときだけ子供の面倒を見てもらえばいいね、と妻とは話をしていました。

 

しかし、実際に子供が産まれてみると子供と別々に食事をするのは嫌だし子供を預けてまでクラブ33に行く必要なんてない、という意見で僕と妻とは一致しました。

 

ディズニーで孫を独占することができなくなってしまったじぃじとばぁばは少し残念かもしれませんがクラブ33への申込みは止めておくことにしました。

 

クラブ33は諦めましたが代わりの商品として「東京ディズニーリゾートギフトカード(1万円分)とパークチケット(2枚組)セット」に申し込みました。 

JCB THE CLASS 東京ディズニーリゾート ギフトカードとパークチケット

夏が終わって涼しくなったらベビちゃんを連れて妻と3人でディズニーデートしてこようと思います。ディズニーに行くならデートがしたいという妻の希望で、かわいそうですがじぃじとばぁばはお留守番となってしまいました。

 

ベビちゃんがいるので乗れるアトラクションはほぼありませんが、特にディズニーシーはアトラクションに乗らなくても十分に楽しめますし、普段育児を頑張ってくれている妻のいい気分転換になるかなと思っています。 

 

JCB THE CLASS(ザ・クラス)をどうするか

さて、突撃までして取得したJCBザ・クラスですが、子供ができてこの先もクラブ33に申し込まないとするとこのままJCBザ・クラスを持っているべきなのか悩むところです。

 

メンバーズセレクション以外にも様々なサービスがあるので持っておくのもアリかなとは思っていますが、既にメインカードの座はSPGアメックスに奪われてしまっています。

JCBザ・クラスを手放すべきか更新するべきか。次回の年会費支払いまでゆっくり考えたいと思います。

 

関連記事