くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。ついでに言うとカメラとダイビングも趣味です。

2017年度もデルタ航空のニッポン500ボーナスマイルキャンペーンは継続決定!

デルタ航空ニッポン500

デルタ航空が実施しているニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン。デルタ航空を使わなくても500マイルが付与されるとてもありがたいキャンペーンですが、やれAIだのIoTだのと言われているこの時代にあっても応募方法が未だにFAXか郵送とアナログすぎて面倒くさい。

デルタ航空のニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンとは

デルタ航空はスカイチームに所属しているアメリカのエアラインですが、そんなデルタ航空が現在実施しているのが「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」です。 

デルタ航空 ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン

 

ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンとは、日本国内の定期路線に搭乗すればデルタ航空のスカイマイルが付与されるというキャンペーンです。ANA、JAL、スカイマークなどすべての航空会社・運賃・クラスが対象で、LCCでのフライトであっても特典予約でのフライトであっても対象になります。デルタ航空に乗らなくてもマイルがもらえるというありがたいが意味のわからないキャンペーンです。

 

対象期間は2016年4月1日から2017年3月31日までと残念なことに本日を持って終了するキャンペーンなのですが、デルタ航空に問い合わせてみたところ「4月1日以降も継続します。詳細は4月1日にWEBサイトが更新されるのでそちらで確認してください。」と断言していたのでキャンペーン継続は間違いないようです。

4月1日にWEBサイトが更新され2018年3月31日までの継続が正式に発表されました。

 

ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンでは片道フライトにつき500マイル付与されるのですが、スカイマイルの一般会員は最大10フライト分(合計5,000マイル)、上級会員であるスカイマイル・メダリオン会員であれば最大40フライト分(合計20,000マイル)獲得することができます。

 

SFC修行をしているなど国内線に搭乗する機会が多い方はぜひ乗っかっておきたいキャンペーンです。デルタ航空のスカイマイルは有効期限が無いため搭乗予定がなくてもとあえず応募しておいて損はありません。

 

僕はSFC修行の中盤にこのキャンペーンを知ったのと、キャンペーンを知った後も搭乗券をいつも捨ててしまっていたため結局4フライト分しか応募できていません。

 

デルタ航空ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンはFAXソフトでの応募がお手軽

デルタ航空に乗ることなくマイルを獲得できるこのキャンペーンですが、冒頭で触れたとおり応募方法がFAXまたは郵送と面倒なのがつらいところです。

 

郵送で応募する場合は香港まで送る必要があるため無駄に郵送料がかかります。FAXで応募するにしても今の時代にFAXを置いている家庭はそれほど多く無いでしょう。コンビニでFAXするのもお金がかかりますし、わざわざFAXのためにコンビニまで行くのも面倒です。また、FAXや郵送のために申請フォームをプリントアウトするのも手間です。

 

そこで僕はペーパーレスで申請フォームを作成してパソコンから無料のFAXソフトを使って応募しています。やり方はとても簡単です。

 

まずニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンのWEBサイトからPDFの申請フォームをダウンロードし、PDF編集ソフトなどを使ってスカイマイル会員番号や氏名、フライト情報などを書き込みます。記入はすべてローマ字か英数字なので注意してください。

 

次にスマホや携帯電話で搭乗券の写真を撮りパソコンに転送します。Skipサービスなど紙の搭乗券が発行されないタイプのチェックインの場合は搭乗案内などでも代用できます。

チェックイン時、もしくは搭乗ゲートにて、搭乗券・搭乗半券が発行される場合は、搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されていても「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外となります。その場合は、必ず搭乗券・搭乗半券を添付してください。搭乗券を発行しないタイプのチェックインの場合は、チェックイン時に各航空会社から発行されるもの(搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されている「お客様控え」など)でも代用が可能です。

 

そして申請フォームに搭乗券の画像を貼り付ければ完成です。

デルタ航空ニッポン500

 

HelloFaxを使って無料でFAX送信

申請フォームに搭乗券の画像を貼り付けたら後はFAXするだけです。無料でFAX送信できるスマホアプリもありますが僕はPCでHelloFaxというサイトを使っています。

無料プランで会員登録すると5ページまで無料で送信できますので、1ページに搭乗券を2フライト分以上貼れば10フライト分は5ページ以内で送信でき、デルタ航空一般会員であれば無料プランで十分です。

HelloFax価格表

メダリオン会員などで5ページ以上FAX送信したい場合でもgmailのエイリアス機能を使い複数のアカウントで登録して、各アカウントで5ページずつFAX送信すればいいかもしれません。

 

gmailのエイリアス機能とは、ユーザー名+任意の文字列を別のアドレスとして扱う機能です。

 

自分のGmailアドレスが「user@gmail.com」だとすると、「user+任意の文字列@gmail.com」というメールアドレスも使えるということです。別々のアドレスのように思いますがエイリアスのアドレスに送られたメールも本来のGmailアドレス(この場合はuser@gmail.com)で受信することができます。

 

gmailのエイリアス機能は個人情報漏洩対策として使うこともできます。

 

FAXを送信するとだいたい1ヶ月ほどでマイルが加算されます。明細には「2016 JAPAN DOMESTIC FLIGHT BONUS MILES」と記載されています。

デルタマイル加算

 

スカイマイルは使い道があまり無いのが悩みどころですが、とてもありがたいキャンペーンなので2017年度も継続してくれるようで安心しました。