くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

はてなブログで自動的にping送信する方法

IFTTT

ブログを書いている陸マイラーさんには「はてなブログ」を利用している方が多いようなイメージですが、はてなブログを使っていて不便なのが自動でping送信できないことです。

はてなブログはping送信できないのでランキングサービスでの手作業がつらい

 pingとはネットワーク疎通を確認するためのコマンドですが、ブログランキングサービスでいうと「にほんブロブ村」や「人気ブログランキング」といったブログランキングサービスに対して、記事を更新したことを教える役割を持っています。

 

せっかく記事を書いてもping送信しないといつまでもランキングサービスに反映されないということが発生します。

 

だいたいのブログは記事を書いたら自動的にping送信をしてくれるらしいのですが、はてなブログにはその機能がありません。せめて「はてなブログPro」にはつけてもらいたいです。

 

そのため、はてなブログを使っている人は記事を書いたらランキングサービスのサイトにアクセスしてランキングサービスに用意されている機能を使ってping送信します。これ毎回毎回煩わしいですよね。

 

PINGOO!という自動ping送信サイトもありますが、調べてみると動作が不安定だとか送信までタイムラグがあるとか書かれていたので僕は違う方法でping送信しています。

 

今回は僕が使っている自動的にping送信する方法をご紹介します。もちろん陸マイラーさんに限らずはてなブログを使っている方であれば誰でもできる方法です。

 

IFTTTでpingを自動送信

僕はIFTTTというWEBサービスを使ってpingを自動送信させています。

IFTTTって何なの?

IFTTT(イフト)とは「if this then that」の頭文字を取ったもので、簡単にいうとFacebook、Twitter、Dropbox、Evernote、InstagramといったWEBサービスどうしを連携させることができるサービスです。

 

例えば、(if this)Instagramで写真をアップする→(then that)その写真を自動でDropboxに保存させる、といった具合にひとつのサービスをトリガーとしてもうひとつのサービスのアクションを起こすことができます。

 

このサービスを利用して、はてなブログを更新する→自動でping送信するということをしています。

 

具体的な手順をみていきましょう。

 

IFTTTのアカウント登録

まずはIFTTTにアクセスしてアカウント登録をします。


余計な個人情報の登録は不要で、メールアドレスとパスワードのみでアカウントを作成できます。

IFTTT_サインアップ 

 

アカウント登録が完了したら設定方法をみていきましょう。

 

はてなブログの更新をトリガーに設定する

会員登録が終わったらサインアップして画面右上のアカウント情報からプルダウンメニューを開き「New Applet」をクリックします。

IFTTT_new_applet

 

すると画面に下のように表示されるので青字になっている「+this」をクリックします。

IFTTT_this


Step 1 of 6 Choose a service

下の画面が表示されたらを"RSS Feed"というサービスを選択します。
見つからなければ"RSS Feed"で検索してみましょう。

IFTTT_step1

Step 2 of 6 Choose trigger

"Feed"をクリックすると下の画面が表示されるので、左側にある「New feed item」をクリックします。

IFTTT_Step2

 

Step 2 of 6 Complete trigger fields

次に、「Feed URL」の欄にトリガーとなる自分のブログ名+"/rss"を入力します。
僕のブログだとhttp://skyblue3480.hatenablog.com/rssとなります。

 

どうでもいいですがデザインが変わる前はここStep2じゃなくてStep3だったんですけどね。Step2が2つあってなんか気持ち悪いです。

IFTTT_step3

「Feed URL」を入力して「Create trigger」をクリックするとブログの記事更新がトリガーとして設定されます。

 

次はアクションを設定していくことになります。

 

ping送信をアクションに設定する

Step2で「Create trigger」をクリックすると下の画面が表示されるため、次は「+that」をクリックします。

IFTTT_that

Step 3 of 6 Choose action service 

するとアクションとなるサービス選択画面になるため"Webhooks"というサービスを選択します。探すのは大変なので"web"で検索すると出てきます。

 

IFTTT_step3

Step 4 of 6 Choose action

「Make a web request」しか表示されないと思いますのでそれをクリックします。

IFTTT_step4

 

Step 5 of 6 Complete action fields

下の画面が表示されたら「URL」と「Method」の項目だけ入力すればOKです。
具体的に何を入力するかはもう少し下で説明します。

IFTTT_step5

 

 (1)URL

ここにping送信用のURLを入力します。

 

ping送信用URLは各自のブログにより異なっているため以下のページから確認してください。

<にほんブログ村>
http://mypage.blogmura.com/send_ping

<人気グログランキング>
http://blog.with2.net/mypage/?m=ping

 

例えばにほんブログ村の場合だとURLは以下のような感じになります。
「〜〜〜〜〜」の部分は各自異なりますのでご注意ください。

IFTTT_Step5_url

(2)Method

Methodには”GET”を選択します。

IFTTT_Step5_method


(3)Content TypeとBody

初期値のまま特に何もしなくて大丈夫です。

 

IFTTT_Step5_body

 

URLとMethodを入力したら「Create Action」をクリックします。

 

Step 6 of 6 Review and finish

内容に問題なければ「Finish」をクリックすれば完了です。

 

ただ、同じようなAppletをいくつか作成するとどれがどれだかわからなくなります。「If new feed item from 〜」の部分は自分で修正できますので、ここに名前を付けておいた方がわかりやすくていいと思います。

 

IFTTT_step6

 例えばこんな感じに名前をつけることができます。

IFTTT_step6_2

 

作業はこれでおしまいです。あとはブログを更新すれば自動的にping送信されます。
数分程度のタイムラグはありますが気になるほどではないと思います。

 

はてなブログを使っている方でping送信を手動で行っている方はぜひ使ってみてください。

 

IFTTTはping送信に限らず色々な使い方ができて面白いですよ。