くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。ついでに言うとカメラとダイビングも趣味です。

スワンナプーム国際空港 タイ国際航空ロイヤルファーストクラスラウンジ

タイ国際航空 ロイヤルファーストクラスラウンジ

ベトナムからの帰りにファーストクラスに乗るためだけにバンコクを経由して、タイ国際航空のファーストクラスを体験してきました。

タイ国際航空のロイヤルファーストクラス

ホテルからスワンナプーム国際空港まではUBERを利用しました。

スワンナプーム国際空港の車寄せには、タイ国際航空のロイヤルファースト(ファーストクラス)とロイヤルシルク(ビジネスクラス)で搭乗する人の専用入り口があり、ポーターが常に待機しています。 

タイ国際航空 ロイヤルファーストクラス

スワンナプーム国際空港をウロウロ見て回ってからチェックインするつもりだったのでここから空港に入るつもりは無かったのですが、UBERのドライバーには僕がロイヤルファーストに相応しい人間にうつったのでしょうか専用入り口の前に車を停められました。

 

ポーターに声をかけると最初はつれない反応でしたが、ロイヤルファーストクラスのチケットを見せると急に対応が良くなりました。

 

そしてここから搭乗するまでファーストクラスのサービスを存分に堪能することになります。

 

車寄せからはポーターがスーツケースを運んでくれ専用チェックインカウンターで搭乗手続きをしてくれます。

タイ国際航空 ロイヤルファーストクラスチェックイン

その間、僕は飲み物を頂きソファで手続きが済むのを待つだけです。物凄く広いスペースですが僕以外に客はいませんでした。

タイ国際航空 ロイヤルファーストクラスチェックイン

手続きが済むとポーターがまたスーツケースを運んでくれて専用ブースへと誘導されて次は出国審査を受けます。出国審査がロイヤルファーストとロイヤルシルクだけの専用とは恐れ入りました。

 

出国審査が済むと別のスタッフとチェンジし、今度はロイヤルファースト専用の電動カートに乗せられロイヤルファーストラウンジへと連れて行かれます。ファーストクラスだと空港内を歩く必要すらないようです。しかしカートに乗せられての移動は結構恥ずかしかったので、できることなら歩きたかったです。

 

ロイヤルファーストクラスラウンジ

そしてロイヤルファーストクラスラウンジに到着しました。

このロイヤルファーストクラスラウンジを利用するには次のいずれかを満たす必要があります。

  • タイ国際航空のファーストクラス搭乗者
  • スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗者
  • タイ国際航空運航の国際線に搭乗するロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員(ロイヤルオーキッドプラスのプラチナ会員はANAでいうところのDIAです。)

スターアライアンスゴールドメンバーが利用できるのはロイヤルシルクラウンジとなります。したがって残念ながらSFC修行を終えてもファーストクラス搭乗者でなければこのラウンジを利用することはできません。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

そして案内された場所はというと…なんと個室でした。8畳ほどのスペースだと思います。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ個室

個室以外の席もたくさんありましたが空いている場合は個室に案内してもらえるそうです。豪華すぎてこのラウンジに入ってしまうとこれからはANAラウンジでは満足できなくなるのではないかと思ってしまいました。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

食事はドリンクはセルフのコーナーもあるらしいのですがスタッフの方が注文を取りにきてくれます。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

僕はステーキを注文しましたが味は期待していたほどではなかったです。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ食事

食事を済ませトイレに行こうと席を立ちます。個室から廊下に出るとラウンジがいかに広いのかがわかります。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

この部屋は何かと言うと、ただのトイレ前のスペースです。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジトイレ

向かって右側が男性用、左側が女性用です。中に入るとひとつひとつが個室になっています。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

トイレのスペースだけで我が家より明らかに広かったのでとても悲しい気持ちになってしまいました。

タイ国際航空 ロイヤルファーストラウンジ

僕は利用しませんでしたが、ロイヤルファーストクラスラウンジの隣にはロイヤルオーキッドスパ・ラウンジがあり、ロイヤルファーストクラスの搭乗者であれば、全身スパトリートメントまたはボディマッサージを1時間無料で受けることができます。ちなみにロイヤルオーキッドスパ・ラウンジはロイヤルシルククラスの搭乗者も利用することができます。

 

これが本当の優先搭乗!?

 

ロイヤルファーストクラスラウンジに入るとき、時間になったら迎えにきてくれると説明されたのですが、ボーディングタイム近くになっても誰もくる気配がありません。不安になってフロントで確認しても、もう少し待っていろとのことだったので焦る気持ちを抑えながらラウンジで過ごしました。

 

結局ボーディングタイムを過ぎてからスタッフの人がやってきて、同じ便に乗るロイヤルファーストクラスの乗客が揃って搭乗口までアテンドされました。

スワンナプーム国際空港

搭乗口ではエコノミークラスの人たちもほぼ搭乗し終えているところでしたが、その横を僕たちが通り抜けてロイヤルファーストクラスのシートへと向かっていきます。

 

これまではプレミアムメンバーが先に機内へと搭乗するのが優先搭乗だという意識でしたが、ロイヤルファーストクラスの乗客は他の乗客が皆機内に乗り込むまでラウンジで悠々自適に過ごし、他の乗客は最後にロイヤルファーストクラスの乗客が乗り込むのを待ちます。これぞ真の優先搭乗かもと思いました。

 

今回はロイヤルファーストクラスラウンジで非日常的な体験をすることができましたが、陸マイラーとしてANAマイルを貯めていなければきっと一生経験することはなかったでしょう。マイルを貯めることで本当に人生が変わったと言っても過言ではないかもしれません。 

関連記事