くるくるパーマとANAマイル

2016年に35万マイルを貯めてSFC修行でプラチナ到達しました。旅行のためにANAマイルを貯めています。カメラとダイビングも趣味です。

SPGアメックスを作って感じた最大のデメリット

SPGアメックス

陸マイラーにとって必須のクレジットカードとなりつつあるSPGアメックスを作るべきか作らざるべきか、散々悩みましたがついに結論を出しました。

SPGアメックスを作るに至った理由

 

SPGアメックスは他の陸マイラーさんのブログを拝見したりSFC修行中の後輩に聞いた限りですが、作るかどうか迷っている方が本当に多いカードのようです。

 

僕がSPGアメックスを作りたい理由のひとつとして6月末まで17,000ボーナスポイントが貰える紹介キャンペーンがあったので、SPGアメックスを作るのであれば6月中に申し込む必要がありました。 

悩みに悩んだ末に紹介キャンペーンが終わってしまう前にSPGアメックスに申し込むことにしました。

 

SPGアメックスを作ることにした最大の理由は、jikishiさんもおっしゃっているように、海外旅行における安全の確保です。

 

ひとり旅であればホテルよりも例えばモロッコのリヤドなど日本でいう民宿的な宿泊施設が好きなのでホテルを重視していませんし、泊まる場所も綺麗で快適な新市街よりも旧市街を選ぶことが多いです。

 

しかし、家族がいるとなると話は変わってきます。去年、ようやく重い腰を上げて快適だった独身生活に別れを告げ、そして実は先日パパになりました。これからはひとり旅よりも家族で旅行をする方が断然多くなってくるでしょう。

 

そんなときにSPGアメックスの系列ホテルであれば、少し値は張りますが街の中心にあることが多く安全かつ快適に過ごせることは間違いありません。家族で海外旅行をするのであれば家族の安全が最優先ですからね。子供がいるとなればなおさらです。

 

といいつつ、これが家族向けの言い訳にすぎないということは自分が一番よくわかっています。

 

安全快適なホテルは別にマリオットやSPGの系列ホテルだけに限られませんし、旅行前に現地のことをリサーチしたりコスパのいいホテルを探したりするのは「旅行前の旅行」だと思っているくらい好きなので、SPGアメックスなんて持っていなくても家族のために安全で快適なホテルを見つけることはできます。

 

それなのになぜSPGアメックスを作ってしまったのか。それはやはり僕が所有欲に負けてしまったのでしょう。あ、もちろん家族の安全が最重要だと考えていることは偽りない事実です。

 

まぁどのような理由であれ、もうSPGアメックスを作ってしまったので、これからは有効利用することを考えようと思います。

 

マリオット系列やSPG系列のホテルを調べていたらホテル代の感覚が麻痺してきました

せっかくSPGアメックスを作ったのであれば系列ホテルを利用してみようと考えるのは当然でしょう。

マリオット SPG

 

系列ホテルの宿泊料金がどれくらい高いのかも気になってしまい、夏休みに家族でパリに行く予定はまったくないにも関わらず無意味にパリのホテルを探したりしてしまいます。

 

高いホテルだと1泊10万円くらいからするので検討にも値しませんが、マリオット系列でもSPG系列でも平均すると1泊だいたい3万円〜4万円くらいで泊まれるようです。

 

こうしてずっとホテルを検索していると、感覚が麻痺してきて1泊2万円代で泊まれるホテルが安く感じてしまいます。自慢じゃないですが1泊2万円を超えるホテルに泊まったことなんて人生でそう何度もありません。

 

でも、SPGアメックスを手にしてしまった僕は、きっと安全や快適性に加えて、スターウッドポイントが貯まることや系列ホテルの中では安いことを言い訳にしてこのランクのホテルに宿泊するようになるでしょう。

 

マリオットやスターウッドのホテルが無い地域に旅行したときはきっと同じようなグレードのホテルを探して泊まるのでしょう。この先ホテル代がかさんでいくのが目に見えています。

 

31,000円の年会費がデメリットであるとよく言われますが、"ホテル宿泊料"に対する金銭感覚がSPGアメックスを所有する前と変わってしまうのがこのカードを作る最大のデメリットになるかもしれません。

 

SPGアメックスに振り回されないように

 

幸いまだSPGアメックスを作ってからホテルには泊まっていないので、身の丈にあわないホテルにばかり泊まることなく、それでもたまには贅沢もしつつ、このカードに振り回されることのないように家族旅行を楽しんでいきたいと思います。

 

SPGアメックスを検討している方は僕からご紹介することも可能です。こちらからお問い合わせしていただければ、友達としてご紹介させていただきます。(個人情報の記載は不要ですのでご安心ください)

 

関連記事